AIとデータを取り巻く様々な課題の解決

従来の分析で外部データを活用するのと異なり、AI、機械学習の場合は、

外部データが形を変え学習結果として永続する事でその持つ価値が大きく異なります。

当協議会はアノテーション含めAIを取り巻く様々な課題に取り組んでいきます。

Slider

AI研究WG

AI研究WGでは、AI研究に資するデータの検討とそれらデータを用いた社会課題の解決方法について検討を行います。北米、中国では積極的なデータ収集により地域に根差したAI研究による社会課題の解決が積極的に進められています。AI研究WGでは、他のWGと連携し、データの流通・活用によりAI研究の促進を通して社会課題の解決に取り組みます。

脳性麻痺、聴覚障碍者の話す言葉を認識できるASR(Automatic Speech Recognition)エンジンは存在しない。

支援者の多くは、発話困難な障碍者の話す言葉には共通点があると感じている。

会話データの収集と最新のAI研究による発話困難な障碍者のコミュニケーション、社会参画を支援。

Scroll to Top