AIとデータを取り巻く様々な課題の解決

従来の分析で外部データを活用するのと異なり、AI、機械学習の場合は、

外部データが形を変え学習結果として永続する事でその持つ価値が大きく異なります。

当協議会はアノテーション含めAIを取り巻く様々な課題に取り組んでいきます。

Slider

データ基盤WG

データ流通・共有の為のサービス基盤の構築は、当コンソーシアムにおける重要な活動の一つです。データ流通基盤には、目的とするデータを見つけるためのカタログサービス、様々な種類のデータ(構造化データ、非構造化データ、ストリーミングなど)に対応したデータストア媒介サービス、容易なデータ分析を可能にする機械学習・深層学習サービス、データ流通の為のスマートコントラクトの仕組みを構築、提供します。また、 AI(深層学習)・ML(機械学習) を用いたソリューションであっても負う製造物責任。データの透明性、来歴管理、クレンジングやアノテーションの作業者確認と作業内容の記録など基盤には様々な要件が求められます。

これらの要件を満たすためには、強固なセキュリティ、ID管理などの認証基盤の構築が必要となるだけでなく、認証機関と連携したデータ提供者、編集者の確認と保証の仕組みが重要となります。データ基盤WGでは、これら様々な要件を満たす基盤のアーキテクチャの検討を行い、会員と協働し実装を行います。また、基盤は会員限定オープンソースとして実装を行い、会員における組織内データ流通・活用基盤の実現を可能にします。

様々なリスクに対応したデータ基盤の必要性

知的財産、来歴などデータを取り巻く様々な課題、リスクに対応したデータ基盤構築の重要性が増しています。AIデータ活用コンソーシアムは、適切なデータ統制を実現する基盤を構築するとともに、組織内に展開できるサブシステムを会員に無償ライセンスしています。

コンソーシアムが提供するデータ取引モデル

データホルダーのニーズに合わせたデータ取引サービスを提供します。

Scroll to Top