会員制度について

AIデータ活用コンソーシアムに入会いただくことで、様々な活動にご参加いただけるだけでなく、AIの学習データセットとしての使用を前提とした契約テンプレート、データ基盤など、コンソーシアムが作成、開発する様々なリソースの自社活用などが可能となります。

様々な知識の習得、そして大きな開発コストの削減に繋がるなど、コンソーシアムは会員の皆様に様々な価値を提供します。

 幹事会員正会員準会員賛助会員
セミナー、シンポジウムへの参加
コンソーシアムが主催するセミナー、シンポジウムが有償の場合、無償で参加することが出来ます。
無償無償無償無償
活動報告、ニュースレター
会員向けニュースレターを受け取ることが出来ます。
データ流通基盤サービス費用減免
コンソーシアムが提供するデータ流通サービスの手数料減免措置を受ける事が出来ます。
 
WGへの参加
各WG活動へ参加し、自社の意見、考えを反映させることが出来ます。
△(※) 
契約テンプレートの参照・利用
コンソーシアムが作成するデータの媒介、売買の為の契約テンプレートを自社のデータ売買に使用することが出来ます。(会員にのみ開示)
  
データ基盤の自社利用
コンソーシアムで開発・実装するデータ流通基盤を会員組織内のデータ流通基盤の構築に使用することができます。
(参加後1年を担保期間とする)
  
データ基盤のビジネス利用(販売等)
コンソーシアムで開発・実装するデータ流通基盤を会員のビジネスを目的に使用、販売することが出来ます。
(参加後1年を担保期間とする)
   
年会費400万100万10万1万

※オブザーバーとしての参加に限ります。

入会・会員制度のお問い合わせは、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

Scroll to Top