AIとデータを取り巻く様々な課題の解決

従来の分析で外部データを活用するのと異なり、AI、機械学習の場合は、

外部データが形を変え学習結果として永続する事でその持つ価値が大きく異なります。

当協議会はアノテーション含めAIを取り巻く様々な課題に取り組んでいきます。

Slider

知的財産・契約検討WG

AI(深層学習)・ML(機械学習)におけるデータ活用は売上分析のような従来のデータ活用と異なり、使用したデータが学習結果として永続化される点において大きな違いがあります。データが形を変え永続化される事は、従来のデータ活用とは大きく異なる価値をデータにもたらす事に他なりません。

AI・MLにおけるデータの商取引は、テクノロジー特許と多くの類似点があります。テクノロジー特許が商流、最終製品の数・単価などにより契約、価格が変わるのに対して、データのAI・ML活用では特許が持つ特性に加えてデータの希少性、ドメイン、鮮度など、より多くの要素、開発・ユーザーシナリオにより契約・価格が異なります。加えて、データそのものの知的財産だけでなく、個人情報、プライバシーなど様々な法令、ガイドラインとの整合性も考慮した検討が必要となります。

知的財産・契約検討WGでは、商流、最終製品の形態などを考慮した契約手順、契約テンプレート、そしてデータ流通基盤で使用するスマートコントラクトを実現を目指します。

商流や対象によって、契約と価格が異なる

AIで使用するデータの契約は難しい

テクノロジー特許の場合、様々な条件によりライセンス料が異なります。AIは、テクノロジー特許同様に、流通、対象システムなどにより、その価値が大きく異なります。また、学習に使用したデータの権利関係についても十分な配慮が必要です。

  • ​使用契約
  • ライセンシー
  • 許諾内容・数量
  • 売買経路

スマートコントラクト

従来の静的な契約手続きでは、動的な変更を含む様々な条件に対応することが出来ません。動的な要素、複雑な商流、変化するデータの価値に対応したスマートコントラクトの検討を行います。

Scroll to Top